卒・摩耶トラック&フィールドクラブ②

トレーナーの畠中です。

 

思い入れが多くて

まさかの2部構成です。笑

 

1年5か月は短いのか、長いのか、、、

分かりませんが、学びの連続でした。

 

最後には、頂けるとは一ミリも思っていなかった餞別まで・・・

ありがとうございました!

ビール

お菓子

靴下&タオル

オリガミ

お手紙

と頂戴しました。

本当に頂けるとは思ってなかったので、ものすんごく嬉しかったです!

 

ありがとうございます...。

 

 

そして、しっかりと最後の教室でも測定会と、少しでも…とタイムが伸びるメニューをしました。

このストップウォッチとボールペンとともに摩耶と宝塚教室を見てきました。

宝塚教室は辞めません!!!!

 

そして、来年度以降の自分の新たな一歩を踏み出すための礎となったことは確かです。

まだ、これからの段階なので、決定でもありませんが・・・

あえて発表。

まだ、夢段階。

 

「教室を作ります。」

 

なんの?となると

走りを基本とした運動教室です。

 

子どもたちの運動能力を上げたい。

そして、その運動能力は子どもたちにバレることなく高めたい。

つまり…「いつのまにか出来るようになっちゃったよね。」

というレベルの教室を作りたい。

そして、ここがポイント。

『楽しさ』を第一に考えます。

もちろん安全は前提でね。

 

摩耶教室と宝塚教室は、とにかく楽しさを追求して進めています。

じゃあ辞める必要あるの?という点については…

 

自分自身が「スタッフの育成に興味がある」からです。

だからこそ、自分の教育システムと契約システムで人が集まる「場」を作りたい。

子どもたちの居場所を作りたい。

そして、夢が生まれる「場」を作りたい。

とにかく「場」と「風土」にこだわりたい。

 

 

まだまだ、夢です。

 

でも、進んでいくことこそが、ありがとうと伝えてくれた子どもたちに見せられる背中だと信じて・・・。

 

 

 

✳ Hatanaka Hatanaka ✳