2011.08.04

こんにちは。

 

トレーナーの畠中です。

 

お盆休みのため、たくさんブログにて発信しております。

 

選手、保護者、コーチやトレーナー、指導者、教師や顧問の先生のみなさん。

どうかお願いがあります。

 

すべて読んでみてください。

 

今回は

「2011年8月4日」にあった出来事です。

 

サッカーファンにとっては、特に忘れられない悲劇の日。

 

大好きだったサッカー選手の「松田 直樹」選手がなくなった日です。

練習中に突然、急性心筋梗塞で亡くなりました。34歳。

 

大好きで、大好きで、学生時代のユニホームにはいつも『3』番をつけていました。

 

日本選手で、歴代でも間違いなく最高の選手の一人です。

 

熱く、冷静で、仲間想いで、闘争心あふれる、そして技術も最高。

 

 

そんな選手が亡くなった。ずっとニュースで生きて欲しいと願っていました。

 

どうか、お願いです。

みなさん、AEDを使えるようになってください。AEDの場所を常に確認してください。

そして、CPR(人工呼吸や胸骨圧迫)ができるように身につけてください。

 

受講については【日本赤十字社】【消防庁】などでご確認ください。

 

選手や保護者、コーチやトレーナー、教師や顧問の先生などのみなさん

目の前で消えそうな命を助けられる人でいてください。

 

トレーナーの資格は、CPR-AED資格の保有が必須となっております。

しかし、まだまだ他のスポーツの資格では必須ではなく、サッカーや陸上以外の種目では

指導者資格制度がなかったりして、無資格者が指導をしています。

 

命なしに指導はない。

上手くならなくてもいい。

安全で楽しめることが第一です。

 

勝つことよりも大切なことがある。

 

松田選手はプロです。元代表選手です。

トレーニングを積んでいる選手ですら起きるのです。

 

他人事ではない。

 

車の免許を取得したときに・・・

それは何年前ですか?

 

アップデートを行ってください。

その知識・技術は錆びています。古いんです。

めんどくさい、何も起こらないは、過去のことです。

 

動いてください。

 

 

 

私も日本赤十字社の基礎講習と救急員、消防庁の講習と取得しています。

そして、最大でも2年に1回は更新をしています。

 

助けられる命を、みんなで助け、繋ぎましょう。

大切な人の命を。

その人には、大切な会いたい人がいます...。

 

 

 

✳ Hatanaka Hideaki ✳

前の記事

次回のセミナー決定!

次の記事

夏も折り返し